ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失
新規登録
 
     
ふれあいeショップ

ブログ更新new


5/17「我が家の団地」やってきました!! 5/17岩国YMCA国際医療福祉専門学校の広場の花
5/13「バードカービング展が開催中」


岩国錦帯橋空港

     
  岩国市

岩国市地図

クリックした地域の情報を見る事ができます
 
     
岩国 玖珂 周東 由宇 美川 美和 本郷 錦

波之源 詩 個展

平成28年12月9日(金) 三浦教彰(詩人 波之源なみのみなもと)さんが市内錦見のJR西岩国駅構内のふれあい交流館西岩国で初個展を開かれたので訪問しました。(12月7日〜18日展示)昨年の県障害者芸術文化祭で県知事賞(文芸部門)を受賞した詩集から6作品を含む計15点が展示されていました。
岩国市の建設会社で現場監督で働かれていた三浦さんは、統合失調症を発症し治療に専念されましたが平成25年に会社退職されました。その後平成26年から自分と向き合う詩作に取り組むようになられたようです。
展示されてある作品の一点々は、波之源さんが自分と向き合うデリケートで奥深い世界を詠んだもので、とても短い時間で閲覧鑑賞という訳にはいきませんでした。


ふれあい交流館西岩国で個展開催 波之源(なみのみなもと) 詩 個展 作品展示01


作品展示02 作品「あなたは」 作品「朝の山陽本線」


作品「カルマ」 作品「濃緑の海」 作品について語る三浦さん




「森の幹(もりのみき)」(原本は縦書きで漢字には全てルビがふってあります)

わたしはね、南の国で育ったの
暑くて長い雨の夏
なんども過ごしてかさねたの

わたしの幹の年輪が
わたしの過ごした夏の歳
わたしは熱いジャングルで
歳をかさねた森の幹

あるときふいにあらわれた
人間(ひと)に未来を奪われて
切り株だけを森におき
海を渡ってここに来た

わたしは細かく刻まれて
煮られ洗われ浸けられて
巻かれて白い紙になり
こうしてあなたにつれられて
小さなこの部屋にたどりつく

ときどきあなたはあらわれて
わたしの白い年輪を
あなたはくるくるほどいては
その手にくるくる巻きとるの

「どうぞ」と言っては嘘になる
けれども汚れを受け入れて
わたしは水に溶けていく
水と汚れと交わって
わたしは闇にとけてゆく

夏の日差しの鬱蒼と
木々の盛り立つジャングルで
わたしは歳をかさねたの

命沸き立つ雨の森
わたしはそこで生まれたの



上記は「森の幹(もりのみき)」という詩です。「わたし」とは何かわかりますか? 感受性に乏しいかもしれない私にはわからず三浦さんに教えていただきました。「わたし」は みなさんの家にもあるものです。


(答え…「わたし」は トイレットペーパー)

(注:作品と本人の写真撮影 ホームページ掲載は許可を得ています)

運営:障害者ネットワーク推進センター
〒740-0018 山口県岩国市麻里布町2丁目3-10
TEL:0827-24-2515 FAX:0827-28-0211
MAIL:fureai@iwasha.jp
(火曜日・日曜日・祝日・年末年始12月29日~1月3日は除く)(開所時間10:00~17:00)