ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失
新規登録
 
     
ふれあいeショップ

ブログ更新new


9/15 この秋読みたい一冊 9/14 秋に聴くクラシックこの一枚 9/14 晩夏の中国山地へ


岩国錦帯橋空港

     
  岩国市

岩国市地図

クリックした地域の情報を見る事ができます
 
     
岩国 玖珂 周東 由宇 美川 美和 本郷 錦

社会福祉の現状を知って

社会福祉の概要 社会福祉の概要
  岩国市健康福祉部(福祉事務所)はこのほど、「社会福祉の概要」平成29年度版(A4判、110ページ)を発表しました。市は高齢者や障害者が生きがいをもって、自立し安心して生活できるよう、またすべての子どもが健やかに成長できる社会を目指し、社会福祉事業の内容を市民に知ってもらい、行政と市民が協働してよりよい福祉施策の実施に役立てるため作成したと説明しています。800部作り、市役所各課や総合支所などに置いてあり、市は活用を呼びかけています。
 障害者福祉では、平成25年の障害者総合支援法の制定により障害者の定義に政令で定める難病等が追加され、身体障害者手帳の取得ができない人でも一定の障害があれば、障害福祉サービスの対象となったと指摘しています。
 身体障害者福祉では、更生援護などの保護を中心とした施策から自立を支援することへと転換された経緯が述べられています。1級~6級の障害者手帳所持者は29年4月1日現在、5828人で、25年度の6086人を100とした指数では95・76となります。1~3級の身体障害者手帳所持者へのタクシー料金助成は28年度が2485人、バス優待乗車証(市内)は単独が574人、介護人付きが1680人、また防長バス(南河内地区)は単独8人、介護人付き7人となっています。 

岩国市が「概要」29年度版

  重度心身障害者医療費の助成は、28年度末で3778人が受給しています。知的障害者福祉では、各種の援護措置やサービスを受けやすくする療育手帳の交付は、29年度は1151人です。タクシー料金助成は28年度が379人、バス優待乗車証は28年度が202人、防長バスは1人です。精神障害者福祉では、これまで都道府県及び保健所を中心に施策が行われてきましたが、利用者にとって身近な自治体である市町村の役割が大きくなり、以前は保健所が行っていた精神障害者保健福祉手帳の交付や通院医療費公費負担の受付も現在は市町村が担っています。精神障害者保健福祉手帳の所持者は、25年度884人が年々増加し、29年度現在1056人です。タクシー料金の助成は28年度が604人、バス優待乗車証が121人、防長バス3人となっています。
また、身体障害者への医療費の一部助成では、28年度は461人で約1憶5500万円、18歳未満の児童への育成医療は、47人約240万円です。精神障害への通院医療への助成は、29年4月1日現在、1812人が受けています。
【写真説明】左= 「社会福祉の概要」平成29年度版 右=障害者(児)福祉についての説明
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

運営:障害者ネットワーク推進センター
〒740-0018 山口県岩国市麻里布町2丁目3-10
TEL:0827-24-2515 FAX:0827-28-0211
MAIL:fureai@iwasha.jp
(火曜日・日曜日・祝日・年末年始12月29日~1月3日は除く)(開所時間10:00~17:00)