ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失
新規登録
 
     

ブログ更新new

11/08 岩国港過去最大「ダイヤモンド・プリンセス」寄港 10/25 「山口ゆめ花博」に行って来ました 10/11 岩国駅にバス待合所がオープンしました


岩国錦帯橋空港

     
  岩国市

岩国市地図

クリックした地域の情報を見る事ができます
 
     
岩国 玖珂 周東 由宇 美川 美和 本郷 錦


土砂災害から命を守る

  
 大雨の多い梅雨末期を迎え、土砂災害から身を守ってもらおうと、岩国市役所1階ロビーで「土砂災害から命を守る」のパネル展示がされています。11日まで。
 土砂災害とは土石流、がけ崩れ、地すべりという3種類の土砂の移動が人名や住宅などの財産に被害を及ぼすことです。展示では、2009年7月21日豪雨での防府市や2014年8月20日豪雨での広島市の被災状況などが写真で掲示されています。さらに、それぞれの被害を防ぐための施設の紹介もしています。
 危険な場所には土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)と土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)があり、警戒避難体制の整備やさまざまな規制などが行われます。まず事前に危険な場所の確認が必要と指摘しています。さらに土砂が動き出してからは逃げられないなどの特徴を知ったうえで、日頃の備えとして、避難方法や連絡方法を家族で話し合う▽非常持ち
市役所でパネル展示

出し品を用意する▽避難訓練に積極的に参加することを呼び掛けています。雨が降りだしたら、雨雲の動き、土砂災害警戒警報、雨量の情報に注意し豪雨になる前に早めの避難を心がけることが大切で、夜間に大雨が予想される時には暗くなる前の避難を勧めています。最寄りの避難所へ移動できない時は「近隣の安全な場所」へ、近くにがんじょうな建物がないときは危険なゾーンの外へ、外出すらできない時は屋内で2階以上のできるだけ山から離れた部屋への移動が大切と説明しています。
 最後に、1886年9月24日、死者110余り人・倒壊家屋62戸他の被害を出した屋代村郷之坪(周防大島町郷の坪)の土石流災害について石碑や町史に残されていることを紹介したうえで、「災害は忘れてはならない」と強く訴えています。【小中真樹雄】
 
土砂災害1 土砂災害2
  左=土石流の被害を実例で示したパネル 右=がけくずれや地すべりの実例を示したパネル
土砂災害3 土砂災害4
  左=地すべりの被災状況や土石流・がけ崩れ・地すべりを防ぐ施設の紹介 右=危険な場所をしることなどを説明するパネル
土砂災害5 土砂災害5
  左=土砂災害の特徴を知ることや日頃の備えについてPRするパネル   右=豪雨になる前の避難や「災害を忘れてはならない」と説くパネル


 

運営:障害者ネットワーク推進センター
〒740-0018 山口県岩国市麻里布町2丁目3-10
TEL:0827-24-2515 FAX:0827-28-0211
MAIL:fureai@iwasha.jp
(火曜日・日曜日・祝日・年末年始12月29日~1月3日は除く)(開所時間10:00~17:00)