企画展 企画展

生産・流通・消費に焦点

 岩国紙の生産・流通・消費に焦点を当てた企画展「紙から見える江戸時代の岩国」が、岩国市横山の岩国徴古館で開かれています。9月3日まで。無料。月曜休館(祝日の場合は翌日)。江戸時代の岩国紙について古文書などの史料、紙漉(す)き用具などに加え、市立美和中学校の紙漉きの取り組みを撮影した写真など41点が展示されています。手すき和紙ができるまでを当時の様子を描いたパネルで説明。そぶり包丁や簾桁(すげた)などの紙漉き用具、原料の楮(こうぞ)のほか主な生産地、小瀬村絵図なども並べられています。
 江戸時代、岩国地域においては、紙は年貢の中心であった米と並ぶほど重要な商品とされました。品質の良かった岩国紙は大坂や江戸で高値で取引されたため、藩は紙の専売を独占していました。ボランティアで観光ガイドを務めていた中村重雄さん(80)は、「藩は原料の楮の栽培を奨励し、和紙で相当もうけたのではないでしょうか。岩国のような小藩が錦帯橋のような大型土木事業ができたのは、紙のおかげといえるのではないでしょうか」と説明しています。
 徴古館では、「展示を通して当時の地域の人々の生活にも注目してほしい」と訴えています。また、美和中学校では紙漉きに取り組み、卒業証書を和紙で制作しています。その活動が写真で紹介されているのでぜひ、ごらんください。【小中真樹雄】

企画展 企画展
【写真説明】左上=展示品を見る来場者 右上=紙漉き用具の簾桁(すげた) 左下=原料の楮の皮にふれる来場者 右下=美和中生の紙漉きの取り組みを紹介する写真


Leave a Reply