がんになってもしぶとく生きる

チラシおよび参加申込書

緩和ケアに携わる身でありながら、俳優萩原健一さんの命を奪った希少がんジストを患った医師、大橋洋平先生の講演会を開催します。ガン末期の患者を看取る側から、当事者側として初めて実感した苦しみや気づきを朝日新聞に投稿され、過酷な闘病生活で見出した真の希望が大きな反響を呼びました。現在も抗がん剤治療を続けながら仕事復帰をし、自身の経験を発信されています。あきらめる、そして頑張る!過酷な闘病と医学書には決して出てこない真実をお話いただきます。

日時

令和元年11月16日(土曜日) 13時から15時

場所

岩国市中央図書館 2階 講座室1 <地図はこちら>

演題

がんになってもしぶとく生きる

講師

愛知県JA厚生連 海南病院 大橋 洋平 先生

参加費

500円 お茶代含む

定員

50人 先着順

申込方法

参加希望者は申込先までお電話かメールをしていただくか、参加申込書へ記入の上FAXをして頂きますようお願いいたします。なお、参加申込書はチラシ下部に記載しております。

問い合わせ及び申込先

ピア傾聴ほのぼの TEL 090-5697-6527 19時から22時のみ(宗正) FAX 0827-93-2107(和崎) メール pipi123mmm@gmail.com

関連情報

関連情報はありません