申請による普通自動車免許条件の付与(サポートカー限定免許)5/13~

  高齢ドライバーによるペダル踏み間違いなどによる悲惨な交通事故が依然として発生しています。このため、ドライバーの申請によって、サポカーなどに搭載されている先進運転支援システム搭載車しか運転できない条件を付与する免許条件規定令和4年5月13日に施行されます。

 申請で普通自動車運転免許で運転できる条件として、衝突被害軽減ブレーキ及びペダル踏み間違い時加速抑制装置(マニュアル車は衝突被害軽減ブレーキ)の性能に関し、性能認定が行われた普通自動車とする。免許証には条件蘭に「サポートカー」と記載される。

○ 免許条件を付与すると、運転できる車両がサポートカーに限定されます。
※ 対象車両については、別途警察庁ホームページに掲載される予定です。○ 対象車両以外を運転すると、免許条件の違反となります。○ 申請したサポートカー限定免許を解除するには、試験等(有料)を受ける必要があります。○ 先進安全技術等のサポートカーは、絶対に交通事故を起こさない車ではありません。

○ 申請する場合には、運転免許種別や使用車両をよく確認してください。


(「岩国市民メール」より)

このページは岩国市の福祉関連の総合情報サイト「ふれあいeタウンいわくに」です

関連情報

関連情報はありません