人工内耳関連4品目の購入助成について

人工内耳を装用した男性のイラスト

令和元年10月1日から、人工内耳関連4品目の購入助成を開始しています。原則として耐用年数を経過したものが助成の対象となります。ただし、医療保険、損害保険その他制度で助成対象となるケースは除きます。

体外装置(スピーチプロセッサ)の買替助成の基準額

300,000円(耐用年数5年)

消耗品等の購入助成の基準額

専用充電池 年額 30,000円(耐用年数1年)

専用充電器 年額 30,000円(耐用年数3年)

専用イヤーモールド 年額 9,540円(耐用年数1年)

助成金額

各品目について、課税世帯は基準額の9割、非課税世帯は基準額の全額を助成します。両耳装用の場合、体外装置、専用充電池、専用イヤーモールドの基準額は倍額となります。

※購入前に申請が必要など、助成を受けるための条件がありますので詳しくは下記までお問合わせください。

お問合せ先

障害者支援課 TEL 0827-29-2522 FAX 0827-22-2814

 

 

関連情報