障害者のテレワーク推進に関する連携協定締結式

署名の様子  協定書披露の様子

去る令和元年12月17日(火曜日)、岩国市役所において障害者のテレワーク推進に関する連携協定の締結式が行われました。自治体として3例目、地場の福祉関係事業者を含めては初めての連携協定締結で、岩国市、有限会社メディカルサポート、株式会社D&Iの3者が締結式へ臨みました。岩国市は重点施策として、障害者の就労の促進と定着を掲げ、障害者就労訓練事業等の取り組みを進めている中、今月12月1日に市内初となる、テレワークを中心とした障害者就労移行支援事業所を有限会社メディカルサポートが開設されました。これを契機に、有限会社メディカルサポート及び首都圏での障害者求人開拓や在宅テレワーク支援等の分野で多くの実績を持つ株式会社D&Iと岩国市が、市内においてテレワークという新しい働き方を周知し、雇用の機会を創出し、共生社会の実現を目指すため、連携事項を定め協定が締結されました。

連携事項

障害者のテレワークによる就労機会の創出に関すること。

障害者のテレワークへの理解の促進に関すること。

その他障害者のテレワーク推進を通じた共生社会の実現に関すること。

テレワークとは

情報通信機器等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことが出来る形態のことを指します。「tele=離れた場所」、「work=働く」という意味の単語を合わせた造語であり、遠隔勤務、転じて在宅勤務などの意味もあります。

テレワーク事業全体図

 

テレワーク事業全体図

 

 

関連情報

関連情報はありません