「よりそいホットライン」外国語専門相談ライン

よりそいホットライン外国語専門ライン
『よりそいホットライン』外国語専門ライン 概要
電話番号
0120-279-338
(フリーダイヤル)

0120-279-226
(※岩手・宮城・福島3県専用フリーダイヤル)
※アナウンスが流れてから「2」を押すと、外国語専門ラインにつながります。
相談時間毎日 午前10時から午後10時まで
対応言語
英語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、タイ語、中国語、韓国・朝鮮語、日本語、
ベトナム語(2014年6月より開始)

※日・時間帯によって対応している言語が異なります。
※その他の言語も今後追加していく予定です。

ホームページhttp://279338.jp/yorisoi/foreign/
Facebook
http://facebook.com/yorisoi2foreigners

※各日の対応言語などの情報を、多言語
でリアルタイムに掲載しています。
【事業の背景・目的】
よりそいホットラインは、国の「寄り添い型相談支援事業」による補助金を受けて、毎年度、公
募により選定された事業者(平成27年度は一般社団法人社会的包摂サポートセンターが事業実施
者。)が行う電話相談事業である。
東日本大震災を契機として、地域社会や家族観が変容する中で、様々な生活困難を抱え、必要な
支援にたどり着くことができず、社会的に孤立している方々が増加している状況を踏まえ、こうし
た方々の悩みを傾聴するとともに、具体的な問題解決を図っていくことを目的に、平成23年度から
実施している。
【事業内容】
よりそいホットラインでは、
① 一般ライン
② 自殺予防ライン
③ DV性被害者等女性のための専門ライン
④ セクシュアルマイノリティライン
⑤ 外国語ライン
⑥ 広域避難者ライン
⑦ 被災地の10代、20代の女性のための専門ライン
の7つの区分に回線を分け、24時間、365日、それぞれ相談員が電話相談に対応している。
よりそいホットラインは、相談者の方々の悩みを傾聴するに留まらず、そうした悩みを相談員が
ともに考え、制度に関する情報提供や面接相談、他機関への同行支援など、具体的な問題解決に向
けた支援までを行っているのが大きな特徴である。
また、よりそいホットラインには、全国の約500の団体が協力・参画しており、相談内容に応じ
て、これらの機関の紹介、つなぎ支援を行っている。
このほか、お悩みクラウド「Moyatter」やチャットルーム「もやもやルーム」など、若者が気軽
にアクセスしやすいよう、SNSを活用した相談等も実施している。

(一般社団法人社会的包摂サポートセンター ホームページより)

関連情報

関連情報はありません