Archive for the '未分類' Category

<
「でも、聞いてみたかったなあ」

辻井伸行チラシ 辻井伸行チラシ
  日本を代表するピアニストの一人、辻井伸行さんのリサイタルが来年2月25日、シンフォニア岩国コンサートホール(1200人収容)で開かれますが、発売日の11月24日に即日完売しました。辻井さんのCDデビュー10周年を記念したツアーの一環、中国地方では、ほかに広島県福山市のリンデンローズで開催されるだけですが、そのプラチナペーパーぶりには驚嘆を禁じえません。
  辻井さんは1997年、7歳の時全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部で第1位受賞し、翌年、大坂センチュリー交響楽団と共演し鮮烈なデビューを果たしました。2007年に発売されたデビューアルバム「debut」は28万枚という驚異的な売り上げで、クラシック歴代CDでもっとも売れたものの一つで、現在もベストセラーを続けています。
来年2月25日公演

  2009年には、第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初優勝しました。以来、世界中を飛び回り活躍を続けています。公演では、ショパンの「英雄ポロネーズ」のほか、ドビュッシーの「月の光」のほか、サティの「3つのジムノペディ」など意欲的プログラムが組まれています。まさか、1日で売り切れとは思いもしなかったのでチケットを買うことはできませんでしたが、シンフォニア岩国によると、以前にも辻井さんの演奏会が開かれたそうなので、今後に期待するとしましょう。ちなみに今回の場合、シンフォニア友の会に入るとS席、A席は500円引きのほか、一般より1週間前にチケットを購入できる特典があります。「でも聞いてみたかったなあ」。 
【小中真樹雄】

【写真説明】辻井伸行リサイタルのチラシ


熟年男女の熱狂ぶりに驚嘆

ジャクソン・ブラウン

旧聞に属しますが、10月24日、広島文化学園HBGホールであったジャクソン・ブラウンのコンサートに行きました。アメリカを代表するシンガー・ソングライターらしいのですが、個人的にはよく知りません。それでもかけつけたのは、毎日新聞時代の畏友が、チケットを事前に取り、誘われたからです。久しぶりに東京からやってくるというので、コンサート後の飲み会を楽しみにして出かけました。
JR広島駅で待ち合わせをし、市内電車で国泰寺町に向かいホテルにチェックイン。開演が午後7時半なので、近くの母校、広島国泰寺高校や平和記念資料館などをめぐり時間をつぶしました。肝心のコンサートについては、多くを語ることはできませんが、熟年の男性や女性が多数訪れ、立ち上がり拍手をしながら熱狂している姿には「すごいな」と思いました。友人は東京の3公演のみならず、前日には大阪公演にも行ってきたとのことで、圧倒される思いでした。何せ、ローリング・ストーンズやポールマッカートニーをヨーロッパまで聞きに行く趣味人だから当然かも。「これがテイク・イット・イージーだ」とか、「ここで立ち上がって手拍子を送るのだ」とか、友人の指示に従いながらコンサートを楽しみましたが、S席1万1000円の出費は痛い。「ハマショウ(浜田省吾)なら惜しくないんだが」と思いましたが、遠方から来た友との再会の必要経費と考えることにしました。ただ公演中、携帯で写真を撮るファンのマナーの悪さには、「いかがなものか」と残念に思いましたが。 公演後、お好み村で盃を酌み交わし、これまでの思い出を語り合いました。来年、定年を迎える友に「今度は東京で会えたらいいな」と再会を約束しました。翌日、ホテルの朝食をともにし、「中電前」の電停で仕事で東京に戻る友人と別れました。

 

やっぱりガッキーは可愛い

そのあと、帰りにJR新井口駅で降り、「109シネマズ広島」で映画「ミックス。」を見ました。60歳を超えシルバーとなると、1100円で鑑賞できるのがうれしい。映画館が遠いこともあり、多くの映画はTUTAYAでDVDを借りて済ますのですが、ガッキー(新垣結衣)の映画だけは映画館で見たいと思います。ガッキーと瑛太のダブル主演で卓球の混合ダブルスを通し描く人情ドラマなのだが、ガッキーの演技力が半端なく可愛い。ほかに広末涼子、永野芽郁、蒼井優、田中美佐子といった豪華キャストの出演で約2時間がアッという間に過ぎていきました。遠方より来た友と再会を喜びあったあとに、ガッキーの映画が見られて最高の気分に浸りました。(byマッキー)
ミックス。
【写真説明】上=ジャクソン・ブラウンのコンサートのチラシ 下=映画「ミックス。」のチラシ


10月29日(日)美和の弥栄湖スポーツ公園黒沢グラウンドにて開催された2017サンチャロウまつりに行ってきました。あいにく当日は四国沖を通過する台風の影響で午前中は雨天となりグラウンド会場は田んぼ状態でしたが午後に神楽が催される頃には日差しが出てきてまつりも盛況だったようです。みちゃろう!くうちゃろう!あるいちゃろう!に加えつくっちゃろう!こうちゃろう!の「ちゃろう」づくしで活気あふれる毎年のイベントになりました。
会場はいつもの弥栄湖スポーツ公園黒沢グラウンドでした メイステージでは吹奏楽、お遊戯、ヒップホップダンス等 午後は神楽で来場者おもてなし
「赤い羽根共同募金」のイベント募金テントサイトです。毎年の恒例行事です。  募金にご協力いただいた皆さまへ、綿菓子やコーヒーを提供されるようです。
くうちゃろう!こうちゃろう!コーナーで物産展開店してます。全部は食べれません。 みちゃろう芸能大会のメインステージにて長渕剛さんのものまねショー「アツヨシさん」のオンステージ。パワーで台風を四国沖に追いやったそうです。
段々 雨も小降りになってきましたがテント下で早めの弁当広げる方が多かったです。たちまちは くうちゃろう!されてます。 「陽の出園 ひまあり」さんが出店されていました。近くですね。
雨の中の出店で商品が濡れないようにビニル袋に入ってて逐一内容が確認できませんでした。 「まつたけごはん」「くりごはん」「きのこごはん」のお店がズラリと並んでました。奮発して?「まつたけごはん」を買って帰りました。
買って帰った「まつたけごはん」はとても香ばしくおいしかったです。午後天気回復するまでおれなかったのが残念。 サンチャロウのイメージキャラクターの河童くんです。今日の雨は君のせいじゃないよ。カメラを向けるとすぐにポーズしてくれるお茶目な河童くんでした。

(by 岩国山登)



 平成27年11月より着工していた岩国橋上駅新築が今年の11月26日(日)より供用開始されます。新築現場の足場や防護幕が外され外観があらわれ駅前から望めるようになりました。新しい駅の東口と西口にはエレベーターやエスカレーター、多目的トイレまたそれぞれのホームにもエレベーターと昇りエスカレーターを設置して障害者 高齢者 小さなお子様連れの方にも安全に通行できるようになっているようです。さらに常時行き来できるように幅6メートルの東西自由通路が設置されるそうです。年末の帰省客の方があまりの変貌にびっくりされるかもしれませんね。
外観が見えるようになりました。赤褐色レンガ色風で落ち着いた感じです。 まだ工事用車両が置いてあります。
右奥にエレベーターがあります バス降車場付近より。

(by 岩国山登)



この一冊

明治期の岩国出身の偉人描く

  来年の明治維新150年にむけ、山口県は幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンをスタートさせました。それにちなんで、岩国高~早稲田大をへて県立高で長らく日本史の教鞭をとり、近年は子どもたちを励ますため、岩国市ゆかりの人物の言葉を刻んだ「立志の碑」の建立運動を続ける佐古利南(さこ・としなみ)さんの著した「近代日本の礎を築いた七人の男たち~岩国セブン・ファーザーズ物語」を紹介します。致知出版社刊(本体価格1200円+税)。
  一昨年、佐古さんは市民大学講座での講演を依頼され、近代日本の礎を築いた岩国出身の7人を取り上げたところ、「ぜひ本にしてほしい」との要望があり1冊にまとめたと言っています。いずれも、フロンティアスピリットにあふれ、国民の利益のために生涯をささげた人ばかりで「明治の先人の高い志や彼らを生んだ教育土壌の再評価をしてもらえれば」と説明するとともに、若者に「先人に続こう」との気概を持ってほしいと励ましています。

近代日本の礎を築いた七人の男たち

  7人は初代大審院長(現在の最高裁判所長官)で不平等条約改正のため司法制度や法律の近代化に取り組み、拷問廃止を提言するなど「明治の大岡越前」と評された玉乃世履(たまの・せいり、1825~86)▽独学独習で解剖学を修め人体解剖模型の製作や「実用解剖学」を著して解剖学のパイオニアと称せられた今田束(いまだ・つかぬ、1850~89)▽日露戦争時、命中精度の高い三十年式歩兵銃を3カ月で設計、旅順攻防戦では28サンチ榴弾砲の使用を提言するなどして勝利に導き「小銃製作の父」といわれた有坂成章(ありさか・なりあきら、1852~1915)▽東芝創立者の一人で、白熱電球の国産化や発電機、発電所を作り「日本のエジソン」とたたえられた藤岡市助(ふじおか・いちすけ、1857~1918)▽「図書館は国民の大学です」として国立図書館の必要性を訴え、帝国図書館(現在の国立国会図書館)の初代館長を務め「図書館の父」と称せられた田中稲城(たなか・いなぎ、1856~1925)▽三省堂でウエブスター英語辞典の翻訳・編集をはじめ、各種辞書づくりに従事、「日本大百科辞典」を完成させ「近代辞典製作の祖(おや)」とたたえられた斎藤精輔(さいとう・せいすけ、1868~1937)▽南米を探検して日本人の南米移民の道を開き「ペルー移民の父」と言われた田中貞吉(たなか・ていきち、1857~1904)。
  佐古さんは多くの資料にあたり七人の業績に光を当てています。6万石の小藩からこれだけの逸材を輩出したことについて、藩校「養老館」や岩国英国語学所などの教育に加え、錦帯橋の存在が大きいと推論しています。この橋の美しい立ち姿が若き藩士たちの知的好奇心を刺激して向学心を高め、また見事な風光美が彼らの豊かな情感を養ったのでは、と主張しています。著者の近代の礎を作った7人の岩国人を誇りに思う気持ちとふるさとへの深い愛情のこもった一冊です。(byマッキー)

この一枚 この一枚
【写真説明】上=市民大学講座の講演を1冊にまとめた「近代日本の礎を築いた七人の男たち」  下左=藤岡市助を説明したページ 同右=田中稲城を説明したページ


今年の猛暑もピークを越え納涼の秋を思わせる風が吹くと期待して8月末広島県と島根県のほぼ県境の標高957メートルの沖の郷山という山に登ってみました。近くの三瓶山や大万木山にかくれあまり知られていないマイナーなお山ですが登山道も整備され頂上も360度の展望で涼風に吹かれながら景色をおかずに弁当食べてきました。ハイキング中に面白い?山野草と巡り合いましたのでブログ掲載してみたいと思います。
「タマシロオニタケ」というキノコです。丸くて白い饅頭みたいですが毒キノコらしいです。ティーアップされたゴルフボールではありません。 かわいい 小さな金平糖(コンペイトウ)みたいなのもあります。
沖の郷山の頂上です。もう風は秋風かもしれず下界の猛暑(この日の麓は33℃)を忘れます。 まわりに三瓶山や大万木山が見えてましたが大山は残念ながら霞んでました。
山里の田んぼ沿いで見つけました。「キツネノカミソリ」という彼岸花の仲間らしいです。 キツネとカミソリ命名由来が気になりますがキツネがカミソリ使うのか不明ですし見たことがありませんが他に「タヌキノカミソリ」というのもあるらしいです。
これは「サギソウ」説明不要の名前です。大変珍しい品種で環境省により準絶滅危惧に指定されています。 沖の郷山より下山して広島県境の赤名峠にほど近い飯南町にある赤名湿原で撮影。

                                               (by 岩国山登)



ドボルザーク交響曲第9番「新世界より」

 

秋の夜長、読書に最適ですが、音楽をじっくり聴くのもいいのものです。
 そこで、格好の1枚を紹介したいと思います。チェコの作曲家アントニン・ドボルザーク(1841~1904)の交響曲第9番「新世界より」。ニューヨークの音楽院院長に招かれたドボルザークが望郷の念からアメリカの黒人の民俗音楽と故国ボヘミアの民謡を結合して書いた曲です。第2楽章は「遠き山に日は落ちて」と歌われる「家路」としても有名で、中学時代にキャンプファイヤーで合唱したものです。
 演奏はハンガリーの指揮者、イシュトバン・ケルテス(1929~1973)が、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団を指揮したものをおすすめします。私がクラシックに目覚めてから2枚目に買ったレコードで、今も愛着があるうえ、故・宇野功芳さんら音楽評論家からも高く評価されています。「新世界」というと、なにかと民族音楽の面が強調され、チェコの指揮者やオーケストラのものがよいとされがちですが、ブラームスやモーツァルトなどでケルテスと相性のいい、ウィーンフィルの演奏は純音楽的にも優れたものとなっています。
まあ、当時ビギナーだった私は、ウィーンフィルかカラヤンのベルリンフィルぐらいしか知らず、レコードジャケットの「自由の女神像」が気に入ったので購入したにすぎませんでしたが、40年近く愛聴しても飽きのこない1枚です。(byマッキー)
この1枚
【写真】イシュトバン・ケルテス指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の「新世界より」のレコード(左)とCD


花菖蒲まつり写生展1 花菖蒲まつり写生展2

色彩感あふれる力作ぞろい

 岩国市役所1階ロビーで、第14回錦帯橋花菖蒲まつり写生大会受賞作品の展示が8月16日始まり、27点が展示されています。28日まで。
 6月10・11日にあった錦帯橋花菖蒲まつりの際に行われた恒例の写生大会で、「花菖蒲のある風景」をテーマに募集したところ、277点の応募がありました。未就学児、小学低学年、同中学年、同高学年、中・高校生、一般の6部門で審査。市長賞6点、金賞6点、銀賞15点が選ばれました。色彩感あふれる力作がそろい、来庁者は足を止めて見入っていました。
 未就学児の部で市長賞を受賞した西場結菜さん(5)は「アメンボやカエル、トンボ等の生き物たちも丁寧に描かれています。お城やロープウエー、おともだちの楽しさがいきいきと伝わってきます。明るく優しい色あいがとてもきれいで素晴らしい作品です」と講評されています。また、一般の部市長賞の鈴木聡子さんは「画面左下に描かれているのはお子さんでしょうか。一緒に写生を楽しまれたようですね。城山を背景に目の前の花菖蒲園がとても鮮やかに飛び込んできます。写生大会のゆったりとしたひとコマをやわらかい色調が包み込んで心温まる作品です」と評されています。【小中真樹雄】
 他の受賞者は次のみなさん。(敬称略)
【市長賞】小学低学年 松井虹心路(愛宕1年)▽小学中学年 門田明香里(岩国3年)▽小学高学年 林日向子(岩国5年)▽中・高生 今地紀瑛(高水高1年)【金賞】未就学児 中佐古さくら(4)▽小学低学年 佐々木緑(通津1年)▽小学中学年 森木桃花(麻里布3年)▽小学高学年 林山七海(柳井・新庄5年)▽中・高生 林優希(岩国中1年)▽一般 岡崎佑香【銀賞】未就学児 犬塚采美(4)、兼広理奈(5)、佐古凛生(6)、西場菜穂(2)▽小学低学年 中佐古幹也(平田1年)、山田暖乃(平田2年)▽小学中学年 鈴木沙奈(装港4年)、松井希星来(愛宕3年)▽小学高学年 辻川綾華(麻里布6年)、村田梨緒(岩国5年)▽中・高生 金城央宙(岩国中3年)、津森優希(岩国中3年)、清水友梨香(岩国高2年)▽一般 佐古真紀子、山田優子
花菖蒲まつり写生展3 花菖蒲まつり写生展4
【写真説明】上=展示された受賞作品に見入る来場者  下左=未就学児の部市長賞の西場さんの作品 下右=一般の部市長賞の鈴木さんの作品


オオサンショウウオ1 オオサンショウウオ2

「可愛い」と子供ら歓声

 

岩国市横山の岩国シロヘビの館で、オオサンショウウオの生体展示が行われています。8月22日まで。入館料は高校生以上200円、小中学生100円。
 オオサンショウウオは成長すると、体長1メートルを超す世界最大級の両生類で国の特別天然記念物です。サワガニや魚などを食べる夜行性の生物で、山椒(さんしょう)に似た香りの粘液を出すのが名前の由来といわれています。岩国市北部、錦川の支流宇佐川を中心に生息し、本州では最西端の生息地と言われています。会場には、体長88~93センチ、推定年齢73~78歳の生体が交互に、また体長25~16センチ、重さ21~26グラムで3歳の幼体2匹が常時展示されています。ともにオスかメスかは不明です。
 会場では、成体の重さをあてるクイズも行っています。展示には、NPO法人ほっとにしきや錦川オオサンショウウオの会が協力しています。多くの親子連れが、成体をみて「大きいね」、幼体は「可愛い、何これ。ウーパールーパーみたい」などと歓声をあげながら水槽を見入っていました。市教委文化財保護課では、「夏休みを機会にシロヘビのほかにも、オオサンショウウオのような貴重な生物が岩国に生息していることを知ってほしい」と来場を呼び掛けています。               【小中真樹雄】
オオサンショウウオ3 オオサンショウウオ4
【写真説明】左上、右上、左下=展示されている成体のオオサンショウウオ、右下は幼体のオオサンショウウオ


けん玉教室1 けん玉教室2

「夢がんばろう」熱心に練習

 

岩国市岩国の中央公民館で7月31日、子供チャレンジクラブ「第4回けん玉教室」がありました。市内の小学生22人が参加し、日本けん玉協会西広島支部長の砂原宏幸さん(64)の指導で、けん玉の練習に取り組み、楽しい時間を過ごしました。
 砂原さんはけん玉の魅力に取りつかれ、30年務めた小学校教諭を途中で退職し、各地をまわり“けん玉の伝道師”の役割を果たしています。砂原さんは子供たちに「けん玉はおへその前に構え、ひざをまげるのが大事」と強調。女子レスリングでオリンピック3連覇を果たした吉田沙保里さんが、集中力を高めるためけん玉をしていたエピソードを披露したうえで、上達するには集中力とリズム感が必要と訴えました。子供たちは、砂原さんの妙技に見入ったあと、「もしもし亀よ亀さんよ」のリズムに合わせ、入門編から応用編まで学びました。
 「今はできなくても大丈夫。何度もやっているうちに必ずできるようになるから」と励ましました。練習の合間には、子供たちのマイけん玉に筆ペンで「やればできるけん玉の技 夢がんばろう」と書きました。砂原さんは「けん玉を楽しみながら、やればできるということに気づいてほしい」と話しました。「けん玉が好きで上手になりたい」と参加した、平田小3年、紙元結名(ゆうな)さんは「おもったより上手にできてとても楽しかったです」と笑顔でした。

【小中真樹雄】

けん玉教室3 けん玉教室4
【写真説明】上左=砂原さんのやり方を見ながら練習する子供たち 上右=砂原さんに自分のけん玉を見せる子供 下左=けん玉の練習をする子供たち 下右=砂原さんとけん玉相撲をする子供