Archive for the '未分類' Category

COCOROSS笑顔マーケット 看板 平静28年8月21日~23日3日間 南岩国のフジ(スーパー)で「COCOROSS笑顔マーケットin岩国」と証して山口県内の授産施設の販売がありました。
たまたま火曜日友達と会うことになってたので、一緒に商品を見たりして、スーパー内のコーナー、一角が委託販売になっていて各授産施設の方がみあたらない・・・3日間当番制の店番だったのか最終日山口県の特定非営利活動法人 山口県社会就労事業振興センターの方がおられました。 COCOROSS笑顔マーケットレジ前
COCOROSSとスーパー特売日 また最終日の23日は火曜日とあり、お馴染みスーパーの特売日火曜市がありお客さんも賑わっていて、今までバザーの開催と言ったら、岩国駅前とか潮風公園みたいな広い場所&公園とかホールを貸切とかなんかが多いから、こういうスーパーでやってくれたりすると、買い物のついでにちょっと・・・
あ~ここの施設もあるんだーとか新たな発見が出来たり、近くのスーパーならご近所さんに会ったり、あそこのスーパー今授産施設の即売会やってるよ~とか言えるから結構コミュニケーションが出来たりして、今までは本当友達を誘ってたけだったけど施設を知らない人に解ってもらえるチャンスだーと思える企画・・・また近くでの開催があればいいなー障がい者・健常者の枠を超えた取り組み・・・こういう情報は「ふれあいeタウンいわくに」ホームページなんでも掲示板に載ってるから、みてねー

 



10月

9

 

この夏は、盆が終わったあたりから急に涼しくなり、

あっというまに過ぎ去ってしまいました。 

 

これは海に行ったとき拾った貝がらです。
 
 

ついこの前のことなのに、もうなつかしい気持ちです。

 



桜ヶ丘のバス停に行く途中に“春を呼ぶ花”が咲いています。

 

皆さん、花の名前分かりますかね?
最後に…

屋根より高いこいのぼり…♪ じゃなくて
“屋根より低いこいのぼり…♪”
最近は屋根より低いこいのぼりが多くなってきていますね!



事務所の前の本通りは、アーケードになっています。 
         
 
今、その改修工事が行われていて、

上のパネルを外して中の修理をしたり、照明をきれいにそうじしています。

 

         
 
このアーケードができたのは、いつごろなのでしょうか?

ネットで調べてみましたが、はっきりはわかりませんでした。 

 

この町にはもうひとつ、中通りにもアーケードがあり、

そちらは昭和45年(1970年)にできたということですから、

同じころかもしれませんね。

 

   
 
どちらも当時はにぎやかでしたが、

今は人通りも少なくちょっと寂しい気がします。

 

また活気のある町にしていきたいものです。 



4月

10

 

あれはいつだっけ??
そうそう、1年半前!ある夜、友達が猫を連れてやって来た。
「この猫飼ってくれない?」
話しを聞くと可愛そうな猫!元飼い主は家で急死、もらい先の無い猫との事
でわが家にやって来た。
猫の種類はロシアンブルーのミックスで、名前は「ブル」
尻尾がちょっと短く曲がっています。
日頃は寝てばかり!
だけど、ご飯をもらうときには、
「お座り」
「まだ、食べてはいけんよ」
「いいよ、食べてよし」
元飼い主さんがしつけしたみたいで、良く言うことを聞きます。
「お手、お代わり」猫なのにします。変でしょう?

そんな猫 いつも夜は自分のベッドで寝ます。
1人で寝るときはスヌーピーを抱っこしています



周東町のパストラルホールで行われた「もし、自分や家族が認知症になったら」というイベントに参加してきました。
認知症に対する正しい知識と地域の取り組みについて学び、考えるイベントです。
周東町のパストラルホール
当日は青空が広がるいい天気でしたが、冷たい風が強く、どれぐらいの参加者があるかと心配されました。

しかし、あけてみると会場は、追加のパイプイスが必要なほどの超満員で、この問題に対する関心の高さが感じられました。

 

イベントは、実際に認知症の親を介護した方の体験発表、主催の「岩国市認知高齢者の見守り支援協議会」の活動報告、さらに専門医による講演と続き、認知症の方との接し方やその予防など、参考になる話をいろいろと聞くことができました。

 

この後、脳活性化ゲームや寸劇などもあったのですが、帰りの時間が迫っていたため、残念ながら途中で会場を後にしました。

 

この先ますます高齢化が進み、避けて通れないこの問題はこれからさらに深刻になると思われますが、その意識や取り組みはまだまだ不十分な気がします。
自分も人ごとのように思っていましたが、考えてみれば自分の両親も高齢で、決して人ごとではありません。

 

このイベントは、いろいろと考えさせられるいいきっかけにもなり、参加してよかったと思いました。

 



平成27年2月1日(日)の9時半から、各自で製作した凧の凧揚げ大会が由宇の潮風公園でありました。
最初に主催者の挨拶があり、老人クラブ、子ども会連合会や潮風公園管理者など関係者の紹介がありました。
参加者は小学生が中心で低学年は、おじいちゃんや兄妹、お母さんといったグループで熱心に凧の下絵を描いて持参の絵の具やマジック等で下絵に色付けなど、思いの凧絵を描いていました。中には素晴らしい絵柄の凧も有りました。当日は大変寒く手がかじかんで糸も結べない子もいましたが、早い子供は、10時半頃には出来上がり、早速凧揚げを始める子もいました。中には、他より早く出来た上がった凧を一人で揚げている子もいましたが、うまく上がらない子供がいたので私が凧を持って手伝うとうまくあがりました。一人では難しいようです。その内、段々と凧が出来上がり空には次々と凧が舞いあがっていきました。

 
   
 

 

 

 

 

 

 

 



事務所のわりと近くに、麻里布町第三街区公園があります。

この公園はなぜか、通称「はと公園」と呼ばれています。

麻里布町第三街区公園通称ハト公園入り口ポールの写真
 

たしかに鳩はたくさんいます。

しかしフンの被害がひどいらしく…

公園内ハトがたくさん
 

こんな看板がいたるところにあります。

これでは、正式に「はと公園」という名前にするわけにはいきませんね。

ハトに餌やり禁止の看板
 

公園の入口には平和記念碑があります。

これは戦時中の、岩国駅前大空襲の慰霊のために建てられたものです。

戦争は二度としてほしくありません。

公園の入口には平和記念碑
 

一方、麻里布小学校の近くには、山手町第一街区公園があります。

ここは正式に「へび公園」という名前になっています。

本当に蛇がたくさんいるのかどうかは、わかりませんが…

山手町第一街区公園通称ヘビ公園
 

これはもともと幼児用のプールでした。

その昔、夏にはここで、小さな子どもたちが水遊びを楽しんでいましたが、

今は使われていません。

昔の幼児用のプール今は使っていません
 

コンクリートの山も、市内の古い公園ではよく見かけるものです。

山の上に登ってみました。

コンクリートの山
 

冬の公園は物寂しい感じがしますが、

それはそれで趣があって、なかなかいいものです。

冬の園内


1月

19

この町に大雪の降った翌朝…
気がつくと、僕はここにいました。
YMCAの横の広場です。
誰が作ってくれたのかわからないけど、
僕を作ってくれてありがとう。
通りがかる人が僕を見て
ほほえんでいきます。
喜んでさわりにくる子ども
写メを撮る人…
わーい。
雪もやんで、天気もだんだんよくなってきました。
明日には、僕はもう溶けてしまっているでしょう。
でも…
短い間だったけど楽しかったよ。
僕を作ってくれてありがとう。


事務所の外の歩道には、プランターが2つあります。

どちらも冬の間は、枯れたような寂しい感じでしたが…

 

気がつくといつのまにか、

左側のリトルパラソルは、黄色い花をたくさん咲かせていました。

 

よく見ると右側の北海道ラベンダーも、小さなつぼみをたくさんつけています。

こちらもそのうち、きれいな花を咲かせてくれるでしょう。

 

事務所の中の棚には鉢がたくさんありますが、

これは誰かが100円ショップで買ってきた観葉植物が

どんどん増殖したもので、全部同じ種類の植物です。

 

しかしいくつかの鉢をよく見てみると、

その観葉植物とはなにか違う芽が顔を出しています。

 

これは事務所の人が、

となりのYMCAのところにはえている大きな木が落とした実を拾ってきて、

その中にたくさん入っている小さな種を、面白半分で鉢にまいてみたら、

芽を出してきたものです。

 

これもどんどん育つと、

いつの日かあのYMCAのところのような、大きな木になるのでしょうか…。

こちらも少し楽しみです。