Archive for the '未分類' Category

オオサンショウウオ1 オオサンショウウオ2

「可愛い」と子供ら歓声

 岩国市横山の岩国シロヘビの館で、オオサンショウウオの生体展示が行われています。8月22日まで。入館料は高校生以上200円、小中学生100円。
 オオサンショウウオは成長すると、体長1メートルを超す世界最大級の両生類で国の特別天然記念物です。サワガニや魚などを食べる夜行性の生物で、山椒(さんしょう)に似た香りの粘液を出すのが名前の由来といわれています。岩国市北部、錦川の支流宇佐川を中心に生息し、本州では最西端の生息地と言われています。会場には、体長88~93センチ、推定年齢73~78歳の生体が交互に、また体長25~16センチ、重さ21~26グラムで3歳の幼体2匹が常時展示されています。ともにオスかメスかは不明です。
 会場では、成体の重さをあてるクイズも行っています。展示には、NPO法人ほっとにしきや錦川オオサンショウウオの会が協力しています。多くの親子連れが、成体をみて「大きいね」、幼体は「可愛い、何これ。ウーパールーパーみたい」などと歓声をあげながら水槽を見入っていました。市教委文化財保護課では、「夏休みを機会にシロヘビのほかにも、オオサンショウウオのような貴重な生物が岩国に生息していることを知ってほしい」と来場を呼び掛けています。               【小中真樹雄】

オオサンショウウオ3 オオサンショウウオ4
【写真説明】左上、右上、左下=展示されている成体のオオサンショウウオ、右下は幼体のオオサンショウウオ


けん玉教室1 けん玉教室2

「夢がんばろう」熱心に練習

 岩国市岩国の中央公民館で7月31日、子供チャレンジクラブ「第4回けん玉教室」がありました。市内の小学生22人が参加し、日本けん玉協会西広島支部長の砂原宏幸さん(64)の指導で、けん玉の練習に取り組み、楽しい時間を過ごしました。
 砂原さんはけん玉の魅力に取りつかれ、30年務めた小学校教諭を途中で退職し、各地をまわり“けん玉の伝道師”の役割を果たしています。砂原さんは子供たちに「けん玉はおへその前に構え、ひざをまげるのが大事」と強調。女子レスリングでオリンピック3連覇を果たした吉田沙保里さんが、集中力を高めるためけん玉をしていたエピソードを披露したうえで、上達するには集中力とリズム感が必要と訴えました。子供たちは、砂原さんの妙技に見入ったあと、「もしもし亀よ亀さんよ」のリズムに合わせ、入門編から応用編まで学びました。
 「今はできなくても大丈夫。何度もやっているうちに必ずできるようになるから」と励ましました。練習の合間には、子供たちのマイけん玉に筆ペンで「やればできるけん玉の技 夢がんばろう」と書きました。砂原さんは「けん玉を楽しみながら、やればできるということに気づいてほしい」と話しました。「けん玉が好きで上手になりたい」と参加した、平田小3年、紙元結名(ゆうな)さんは「おもったより上手にできてとても楽しかったです」と笑顔でした。【小中真樹雄】

けん玉教室3 けん玉教室4
【写真説明】上左=砂原さんのやり方を見ながら練習する子供たち 上右=砂原さんに自分のけん玉を見せる子供 下左=けん玉の練習をする子供たち 下右=砂原さんとけん玉相撲をする子供


企画展 企画展

生産・流通・消費に焦点

 岩国紙の生産・流通・消費に焦点を当てた企画展「紙から見える江戸時代の岩国」が、岩国市横山の岩国徴古館で開かれています。9月3日まで。無料。月曜休館(祝日の場合は翌日)。江戸時代の岩国紙について古文書などの史料、紙漉(す)き用具などに加え、市立美和中学校の紙漉きの取り組みを撮影した写真など41点が展示されています。手すき和紙ができるまでを当時の様子を描いたパネルで説明。そぶり包丁や簾桁(すげた)などの紙漉き用具、原料の楮(こうぞ)のほか主な生産地、小瀬村絵図なども並べられています。
 江戸時代、岩国地域においては、紙は年貢の中心であった米と並ぶほど重要な商品とされました。品質の良かった岩国紙は大坂や江戸で高値で取引されたため、藩は紙の専売を独占していました。ボランティアで観光ガイドを務めていた中村重雄さん(80)は、「藩は原料の楮の栽培を奨励し、和紙で相当もうけたのではないでしょうか。岩国のような小藩が錦帯橋のような大型土木事業ができたのは、紙のおかげといえるのではないでしょうか」と説明しています。
 徴古館では、「展示を通して当時の地域の人々の生活にも注目してほしい」と訴えています。また、美和中学校では紙漉きに取り組み、卒業証書を和紙で制作しています。その活動が写真で紹介されているのでぜひ、ごらんください。【小中真樹雄】

企画展 企画展
【写真説明】左上=展示品を見る来場者 右上=紙漉き用具の簾桁(すげた) 左下=原料の楮の皮にふれる来場者 右下=美和中生の紙漉きの取り組みを紹介する写真


模型飛行機作り 模型飛行機作り

子供らひとみ輝かせ

 岩国市麻里布町の科学センターで7月22日、模型飛行機を作る教室が開かれ、市内の小中学生16人が参加しました。以前は各学校で模型飛行機の記録会が開かれるなど、模型飛行機作りも盛んでしたが、近年模型飛行機を扱うおもちゃ屋も少なくなった中で、子供たちに少しでも、ものを作る楽しさや飛行機を飛ばす喜びを知ってもらおうと4年前から始まりました。この日は、小中学校で理科を教えていたセンターの嘱託職員4人が指導しました。子供たちは設計図をもとに、わからないところは指導の職員に尋ねながら、模型飛行機作りに取り組みました。
 出来上がった愛機を手に、子供たちはひとみを輝かせていました。指導にあたった田村隆史さん(65)は「作りあげるのはなかなか難しいが、模型飛行機が飛んだ時の喜びはなんともいえません。ぜひ、その充実感を味わってほしい」と話していました。母に勧められて参加した東小5年、宮内健佑君(10)は「プロペラを作るのが楽しかった。よく出来たと思います」と笑顔をみせていました。【小中真樹雄】

【写真説明】左上=模型飛行機づくりを楽しむ子供たち 右上=出来上がった模型飛行機を手に笑顔の子供たち

 



洋舞1 洋舞2

園児からシニアまで70人熱演

岩国市民文化祭の呼び物の一つ「洋舞フェスティバル2017」が7月15日、シンフォニア岩国コンサートホールで開かれました。岩国バレエ同好会、岩国ジャズバレエ研究会、岩国社交ダンス倶楽部の3団体が出演。園児からシニアまでの約70人が日頃の練習の成果をいかんなく発揮し、観客の喝采を浴びました。岩国バレエ同好会の園児・小学低学年の児童がおもちゃの兵隊をかわいらしいしぐさを交え演じたのをはじめ、岩国ジャズバレエ研究会の女性が情熱的なリベルタンゴを披露しました。

また、岩国社交ダンス倶楽部の人たちは「アナと雪の女王」の「Let it go」の音楽に合わせ華麗なワルツを軽やかなステップで踊りました。さらに、岩国バレエ同好会の小学生はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」のメーン「花のワルツ」を一糸乱れず見事な舞を見せて、観客から「ブラボー」の声が上がりました。会場に詰め掛けた家族やファンは満面に笑みを浮かべて、拍手を送っていました。【小中真樹雄】

洋舞3 洋舞4
【写真説明】上左=愛らしいおもちゃの兵隊を演じる園児ら 上右=情熱的にタンゴを踊る女性 下左=華麗なステップでワルツを踊るひとたち 下右=息のあった踊りを見せた小学生たち


岩国市のホームページによると
耐震補強・リニューアル工事のため以下のとおり休館します。
休館期間:平成29年2月1日(水曜日)~平成30年7月31日(火曜日)6月26日 岩国市市役所に行って市民会館をふと覗いて見たら風景が変わっていました。
 
何時もこの頃ツツジが咲いていたのですが、それが…
   
トラックやらブルドーザーやらが入り工事をしていました。
ツツジは一つもありませんでした。
 
2週間前2階の窓から
ミキサー車が来て、コンクリートを流しこむ作業をやっていました。中も変えるのがと思います。

平成30年7月31日のリニューアルには、障害者の車いすが見すくなるように聞いています。何だか楽しみです。(By:ため吉)


男女共同参画週間をPR

  岩国市は、「男女共同参画週間」(6月23~29日)にちなみ、男女共同参画社会の実現に向け市民の理解を深めるため、市役所ロビーで第2次岩国市男女共同参画基本計画(概要版)などのパネル展示を行いました。
  男女共同参画週間は、男女共同参画社会基本法が平成11年6月23日に公布・施行されたのにちなみ、平成13年から始まりました。市では、平成20年に「市男女共同参画基本計画」を策定しさまざまな取り組みを進め、平成24年度に実施した市民の意識調査をもとに、さらに第2次基本計画を策定しました。 計画では、男女共同参画社会とは、男女の人権が尊重され、性別にかかわりなく、個性と能力が十分に発揮することができる社会と規定しています。意識調査によると、岩国市では「男女の地位が“平等”と感じている人の割合は2割以下で、「男は仕事、女は家庭」という考え方に賛成する人の割合が約4割となっています。 市では取り組みにあたり、男女の人権の尊重や家庭生活と社会生活の両立など六つの基本目標、さらに男女間における暴力の根絶、制作・方針決定過程への女性の参画と人材育成など13の重点目標を設定しました。

第2次基本計画など展示

  そのうえで、市の目指す男女共同参画社会として家庭では、「家族みんなが協力しあい、家事や育児、介護などの責任を分担する▽学校では人権を尊重する意識がはぐくまれる▽地域では、男女が共にまちづくりや防災などさまざまな活動に参画し、地域活性化や人とひととのつながりが深まる▽方針決定の場では、管理職や地域の役員などに女性が増える▽職場では、男女がともに能力を発揮し、いきいきと働いている―と想定しています。
  市男女共同参画室では、男女共同参画社会の実現には、働き方改革で、仕事とプラーベートな生活との調和がとれ、その両方が充実することが必要不可欠と説明しています。そのための講演会やセミナーを開催するほか、子育てと仕事の両立、介護と仕事の両立を応援するための施策に取り組んでいるとしています。【小中真樹雄】

男女共同参画週間 男女共同参画週間
【写真説明】男女共同参画週間をPRするパネル展示


リフレまつりにぎわう

リフレまつり リフレまつり

  21日、岩国市玖珂町下谷の「リフレまえだ病院」周辺で恒例の「リフレまつり」が開かれました。今年で17回を数えるイベントで大勢の人でにぎわいました。
  焼き鳥ややきそば、たこ焼き、フランクフルトなどの屋台や花、野菜の販売コーナーが設けられ販売されたほか、杜のカフェや高齢者の介護相談などもありました。ささみ園、よこやま工房、一粒の麦などが出店し手芸品やアクセサリー、パンなどを販売しました。

 
 

バンド演奏や屋台で盛況

  また、病院職員で編成する5人組の4代目リフレバンドが、いきものがかりの「ジョイフル」やSuperflyの「愛をこめて花束を」を披露したほか、周東、玖珂町の有志で結成したパストラルウインドオーケストラが星野源さんの「恋」などの吹奏楽を、「玖珂太鼓」のメンバーも和太鼓を演奏し、来場者が熱い拍手を送るなど会場には、満足そうな笑顔であふれていました。【小中真樹雄】

 

リフレまつり リフレまつり

 
 



この時期、雨が降った翌日などは夜サッシに虫がやってきます。
それをめがけて、イモリやらヤモリやらタモリがやってきます。
(タモリは人間なので…)5月9日 20:10 虫をめがけて、ヤモリがやってきました。
それを見ていた我が家の住人のブルがつかさず…
「ヤモリが取れないニャン」

  つかさず、スマホで撮りました。
その時、自分の足にブルの短いシッポが…「くすぐったい」ブル!!
  20:30 ヤモリが取れず2階に上がって寝ていました。その寝方も…

いつもぬいぐるみをだいているか、
枕にしているかです。

やっぱり可愛いです。

(By:ため吉)

 



青年海外協力隊パネル展

県出身の青年海外協力隊員の活動ぶりを伝える写真パネルなどが展示された会場

 「青年海外協力隊パネル展~山口から世界へ!私にできること」が10~24日、岩国市役所1階の展示コーナーでありました。独立行政法人国際協力機構(JICA)が山口県出身で途上国で青年海外協力隊員として活動する人たちの奮闘を多くの人に知ってもらおうと企画しました。
 JICAボランティア事業として派遣される青年海外協力隊は、開発途上国で2年間現地の人とともに生活しさまざまな課題解決に取り組む活動です。
 山口県からはこれまで480人以上の人が参加し、現在も20数人の人がアジア、アフリカ、中南米などで活動しています。
 2017年春のJICAボランティア(青年海外協力隊、シニア海外ボランティア)募集にあわせ、JICAでは、県出身の青年海外協力隊員が途上国で奮闘する姿を紹介したいとしています。
 

隊員の精力的活動を紹介

 展示では、パプアニューギニアのラバウルの高校でコンピューター技術を教える長和剛年さんや中国・遼寧省の朝鮮族高級中学校で日本語を教える橋本加代さんらの活動報告が紹介されています。長和さんは水道のない不便さの中、現地に溶け込み、頑張っています。もうすぐ帰国といい、「山口のおいしいものや懐かしい場所、友人らとの再会が楽しみです」と述べています。

 橋本さんは、毎週ギョーザを食べているといい、中華料理のほか、キムチ鍋やチヂミ、サムゲタンなど朝鮮料理もおなかいっぱい食べても1人600円ほどですみ、本当に幸せと喜んでいます。橋本さんは「遼寧省は旧満州国のあったところで、日本人にもなじみが深い。テレビやニュースでは互いの悪い面ばかり取り上げられますが、実際訪れると人情味あふれるいいひとばかり。ぜひ一度お越し下さい」と強調してます。【小中真樹雄】

1