Archive for the '未分類' Category

春の雨はやさしいはずなのに

メーンP
  出雲大社神楽殿前の大しめ縄をスマホで撮影する人

 3月20日、友人のKと1泊2日の予定で松江市に向かいました。4月に定年を迎えるKに、上京して卒業祝い(彼は定年後も同じ職場で嘱託勤務をするが)をしようかと提案すると、「初任地の松江に行くからいっしょに来い。上京しなくていいから」との返事。というわけでで、松江に同行することになりました。Kがひとまず松江に行き、レンタカーで岩国の自宅まで迎えに来てくれました。午後1時過ぎに出発、中国道、山陰道を経由して松江に向かった。Kが飯南町のステーキハウスでステーキが食べたいというので立ち寄ったが、ランチの部は終了し、夕方の再開まで待たねばならぬため、断念し松江の旅館に向かった。宿泊したのは、松江大橋北詰にある明治12(1880)年創業の大橋館。旅館の松江大橋川沿いの玄関前に小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)宿舎跡の碑が建っており、小泉とのゆかりを感じさせます。到着するなり、抹茶と和菓子の接待にさすが大名茶人「松平不昧公」を生んだ土地だと感じいった次第。夕食前にひと風呂。Kは「玉造ほどではないが、宍道湖温泉もまずまず」とご満悦。風呂からあがると、2階の松翠亭で、夜の宍道湖をながめながら夕食。次々出てくる御馳走と松江美人の給仕に大満足のひとときを過ごしました。翌朝起きるとあいにくの雨、旅館から眺める宍道湖はどんより曇り、風に傘があおられながら松江大橋を行く人々の姿がありました。この日は松江城と出雲大社に行くことにしました。松江城は、平成27(2015)年に国宝に再指定されました。入り口には松江を開府した堀尾吉晴の銅像が立っています。とにかくどしゃぶりの雨には閉口しました。私が小椋佳「春の雨はやさしいはずなのに」をくちずさんでいると、「なんやそれ」とK。2歳違いなだけなのに、趣味が違うのかこの名曲を知らないとはがっくり。ともかく、天守閣に登る。1階は工事中のうえ、ほとんど見るものがないのに560円も取るとは、松江市も大胆不敵。そこそこに退散し激しい雨の中、Kが勤務していたという旧松江支局に向かう。Kは建物の前に立ち、私にあれこれ注文を付けて記念写真を撮らせ満足した様子。松江城駐車場に戻る途中、島根県庁前でオリンピック委員を 宍道湖の夕日見られず残念

務めるなど日本スポーツ界の功労者、岸清一の銅像をチェックした。
  さあ、いよいよ出雲大社へ。門前にそびえる大鳥居にびっくりするもKは「白い塗装にはちょっとがっかりだな」とひとくさり。同感。参拝前にまずは腹ごしらえと、参道にある「えにし」という店で、割子そばを食べる。五層になった容器に薬味とそばつゆを適量に分け入れる。余ったそばつゆはさらに下の容器に入ったそばに入れ、足りなければつぎ足す。その繰り返し。名物を堪能したあと出雲大社の本殿へ。参道を行きかう人並みには、縁結びのかみ神だけあってやたらと若い女性が多い。本殿で2礼2拍手1礼の神道のオーソドックスな拝礼方式で臨んだのだが、後から拝礼した若い女性たちが2礼4拍手1礼をしているのをみて、「間違った」と悟りました。再度4拍手で拝礼をし直しましたが、年配の人で2礼2拍手の人もいました。若い女性はよく知っていますね。神楽殿でジャンボしめ縄を撮影したのち、あったかいものがほしいというKの希望」で出雲ぜんざいを食べた後、一路岩国の自宅に向かう。初の松江行では、旅館のホスピタリティーには大満足も、20日は曇りで宍道湖の夕日が見られなかったのが残念だった。
 全行程を運転したKには大感謝。岩国に帰り「はまゆう」で接待したのはいうまでもありません。Kはまめな男で、私がガッキーファンであることを熟知しており、昨年末TBS系列で12時間あまり放送された「逃げるは恥だが役に立つ」をブルーレイで録画したものをプレゼントしてくれました。RCCとTYSはいけずで放送しておらず、抗議したろかとおもっていたぐらいなので大感激(と書いたら4月7日からRCCは3週連続で4話ずつ放送するそうだ)。ただマツコと村上信五の番組で「なにわのエジソン」という人物を紹介した回があり「おもしろいやろ」と強要されたのには閉口しましたが。Kはわが家に1泊し翌日また松江へと戻っていきました。ステーキは食べられたやろか、宍道湖の夕日は見れたやろか。いつかまた会おう、ごくろうさん。【小中真樹雄】

ブログ1 ブログ12
  左=旅館「大橋館」から宍道湖を望む 右=旅館の夕食の一部

ブログ3 ブログ4
   左=雨に濡れる松江大橋(手前) 右=旅館の朝食
 

ブログ5 ブログ6
  左= 松江城の入り口に立つ堀尾吉晴像 右=松江城天守閣

ブログ7 ブログ8
  左=松江城天守閣から望む松江市街 右=松江城内にある興雲閣

ブログ9替 ブログ10
  左=島根県庁前に立つ岸清一像 右=出雲大社門前に立つ大鳥居

ブログ11 ブログ12
  左=出雲大社入り口の鳥居 右=出雲名産の割子そば

ブログ13 ブログ14
  左=割子そばの食べ方を記すメニュー表 右=割子そばを食した店「えにし」

ブログ15 ブログ16
  左=出雲大社内にある大国主命像 右=出雲大社拝殿前の銅鳥居

ブログ17 ブログ18
  左=拝殿に向かう人々 右=本殿に向かい参拝する人々



男女共同参画週間をPR

 

 岩国市は、「男女共同参画週間」(6月23~29日)にちなみ、男女共同参画社会の実現に向け市民の理解を深めるため、市役所ロビーで第2次岩国市男女共同参画基本計画(概要版)などのパネル展示を行いました。
  男女共同参画週間は、男女共同参画社会基本法が平成11年6月23日に公布・施行されたのにちなみ、平成13年から始まりました。市では、平成20年に「市男女共同参画基本計画」を策定しさまざまな取り組みを進め、平成24年度に実施した市民の意識調査をもとに、さらに第2次基本計画を策定しました。 計画では、男女共同参画社会とは、男女の人権が尊重され、性別にかかわりなく、個性と能力が十分に発揮することができる社会と規定しています。意識調査によると、岩国市では「男女の地位が“平等”と感じている人の割合は2割以下で、「男は仕事、女は家庭」という考え方に賛成する人の割合が約4割となっています。 市では取り組みにあたり、男女の人権の尊重や家庭生活と社会生活の両立など六つの基本目標、さらに男女間における暴力の根絶、制作・方針決定過程への女性の参画と人材育成など13の重点目標を設定しました。

第2次基本計画など展示

  そのうえで、市の目指す男女共同参画社会として家庭では、「家族みんなが協力しあい、家事や育児、介護などの責任を分担する▽学校では人権を尊重する意識がはぐくまれる▽地域では、男女が共にまちづくりや防災などさまざまな活動に参画し、地域活性化や人とひととのつながりが深まる▽方針決定の場では、管理職や地域の役員などに女性が増える▽職場では、男女がともに能力を発揮し、いきいきと働いている―と想定しています。
  市男女共同参画室では、男女共同参画社会の実現には、働き方改革で、仕事とプラーベートな生活との調和がとれ、その両方が充実することが必要不可欠と説明しています。そのための講演会やセミナーを開催するほか、子育てと仕事の両立、介護と仕事の両立を応援するための施策に取り組んでいるとしています。【小中真樹雄】

男女共同参画週間 男女共同参画週間
【写真説明】男女共同参画週間をPRするパネル展示


リフレまつりにぎわう

リフレまつり リフレまつり

  21日、岩国市玖珂町下谷の「リフレまえだ病院」周辺で恒例の「リフレまつり」が開かれました。今年で17回を数えるイベントで大勢の人でにぎわいました。
  焼き鳥ややきそば、たこ焼き、フランクフルトなどの屋台や花、野菜の販売コーナーが設けられ販売されたほか、杜のカフェや高齢者の介護相談などもありました。ささみ園、よこやま工房、一粒の麦などが出店し手芸品やアクセサリー、パンなどを販売しました。

 
 

バンド演奏や屋台で盛況

  また、病院職員で編成する5人組の4代目リフレバンドが、いきものがかりの「ジョイフル」やSuperflyの「愛をこめて花束を」を披露したほか、周東、玖珂町の有志で結成したパストラルウインドオーケストラが星野源さんの「恋」などの吹奏楽を、「玖珂太鼓」のメンバーも和太鼓を演奏し、来場者が熱い拍手を送るなど会場には、満足そうな笑顔であふれていました。【小中真樹雄】

 

リフレまつり リフレまつり

 
 



この時期、雨が降った翌日などは夜サッシに虫がやってきます。
それをめがけて、イモリやらヤモリやらタモリがやってきます。
(タモリは人間なので…)5月9日 20:10 虫をめがけて、ヤモリがやってきました。
それを見ていた我が家の住人のブルがつかさず…
「ヤモリが取れないニャン」

  つかさず、スマホで撮りました。
その時、自分の足にブルの短いシッポが…「くすぐったい」ブル!!
  20:30 ヤモリが取れず2階に上がって寝ていました。その寝方も…

いつもぬいぐるみをだいているか、
枕にしているかです。

やっぱり可愛いです。

(By:ため吉)

 



青年海外協力隊パネル展

県出身の青年海外協力隊員の活動ぶりを伝える写真パネルなどが展示された会場

 「青年海外協力隊パネル展~山口から世界へ!私にできること」が10~24日、岩国市役所1階の展示コーナーでありました。独立行政法人国際協力機構(JICA)が山口県出身で途上国で青年海外協力隊員として活動する人たちの奮闘を多くの人に知ってもらおうと企画しました。
 JICAボランティア事業として派遣される青年海外協力隊は、開発途上国で2年間現地の人とともに生活しさまざまな課題解決に取り組む活動です。
 山口県からはこれまで480人以上の人が参加し、現在も20数人の人がアジア、アフリカ、中南米などで活動しています。
 2017年春のJICAボランティア(青年海外協力隊、シニア海外ボランティア)募集にあわせ、JICAでは、県出身の青年海外協力隊員が途上国で奮闘する姿を紹介したいとしています。
 

隊員の精力的活動を紹介

 展示では、パプアニューギニアのラバウルの高校でコンピューター技術を教える長和剛年さんや中国・遼寧省の朝鮮族高級中学校で日本語を教える橋本加代さんらの活動報告が紹介されています。長和さんは水道のない不便さの中、現地に溶け込み、頑張っています。もうすぐ帰国といい、「山口のおいしいものや懐かしい場所、友人らとの再会が楽しみです」と述べています。

 橋本さんは、毎週ギョーザを食べているといい、中華料理のほか、キムチ鍋やチヂミ、サムゲタンなど朝鮮料理もおなかいっぱい食べても1人600円ほどですみ、本当に幸せと喜んでいます。橋本さんは「遼寧省は旧満州国のあったところで、日本人にもなじみが深い。テレビやニュースでは互いの悪い面ばかり取り上げられますが、実際訪れると人情味あふれるいいひとばかり。ぜひ一度お越し下さい」と強調してます。【小中真樹雄】

1



10月

9

 

この夏は、盆が終わったあたりから急に涼しくなり、

あっというまに過ぎ去ってしまいました。 

 

これは海に行ったとき拾った貝がらです。
 
 

ついこの前のことなのに、もうなつかしい気持ちです。

 



桜ヶ丘のバス停に行く途中に“春を呼ぶ花”が咲いています。

 

皆さん、花の名前分かりますかね?
最後に…

屋根より高いこいのぼり…♪ じゃなくて
“屋根より低いこいのぼり…♪”
最近は屋根より低いこいのぼりが多くなってきていますね!



事務所の前の本通りは、アーケードになっています。 
         
 
今、その改修工事が行われていて、

上のパネルを外して中の修理をしたり、照明をきれいにそうじしています。

 

         
 
このアーケードができたのは、いつごろなのでしょうか?

ネットで調べてみましたが、はっきりはわかりませんでした。 

 

この町にはもうひとつ、中通りにもアーケードがあり、

そちらは昭和45年(1970年)にできたということですから、

同じころかもしれませんね。

 

   
 
どちらも当時はにぎやかでしたが、

今は人通りも少なくちょっと寂しい気がします。

 

また活気のある町にしていきたいものです。 



4月

10

 

あれはいつだっけ??
そうそう、1年半前!ある夜、友達が猫を連れてやって来た。
「この猫飼ってくれない?」
話しを聞くと可愛そうな猫!元飼い主は家で急死、もらい先の無い猫との事
でわが家にやって来た。
猫の種類はロシアンブルーのミックスで、名前は「ブル」
尻尾がちょっと短く曲がっています。
日頃は寝てばかり!
だけど、ご飯をもらうときには、
「お座り」
「まだ、食べてはいけんよ」
「いいよ、食べてよし」
元飼い主さんがしつけしたみたいで、良く言うことを聞きます。
「お手、お代わり」猫なのにします。変でしょう?

そんな猫 いつも夜は自分のベッドで寝ます。
1人で寝るときはスヌーピーを抱っこしています



周東町のパストラルホールで行われた「もし、自分や家族が認知症になったら」というイベントに参加してきました。
認知症に対する正しい知識と地域の取り組みについて学び、考えるイベントです。
周東町のパストラルホール
当日は青空が広がるいい天気でしたが、冷たい風が強く、どれぐらいの参加者があるかと心配されました。

しかし、あけてみると会場は、追加のパイプイスが必要なほどの超満員で、この問題に対する関心の高さが感じられました。

 

イベントは、実際に認知症の親を介護した方の体験発表、主催の「岩国市認知高齢者の見守り支援協議会」の活動報告、さらに専門医による講演と続き、認知症の方との接し方やその予防など、参考になる話をいろいろと聞くことができました。

 

この後、脳活性化ゲームや寸劇などもあったのですが、帰りの時間が迫っていたため、残念ながら途中で会場を後にしました。

 

この先ますます高齢化が進み、避けて通れないこの問題はこれからさらに深刻になると思われますが、その意識や取り組みはまだまだ不十分な気がします。
自分も人ごとのように思っていましたが、考えてみれば自分の両親も高齢で、決して人ごとではありません。

 

このイベントは、いろいろと考えさせられるいいきっかけにもなり、参加してよかったと思いました。