Archive for the 'その他' Category

ジャズと坂道と青春と
「坂道のアポロン」のチラシ

 長崎県佐世保市を舞台に1960年代後半の青春を描いた映画「坂道のアポロン」が3月10日公開され11日、109シネマズ広島に見に行きました。小玉ユキのコミックが原作。TSUTAYA南岩国店でコミックとともに紹介されていたので公開を知り観賞しました。Hey!Say!JUMPの知念侑李が主演で中川大志とヒロインの小松菜奈の3人の友情を横糸に、ジャズセッションを通した交流を縦糸に物語は進みます。中川演じる川渕千太郎と小松の迎律子が幼なじみで、そこへ都会から知念演じる西見薫が2人の高校へ転校してくる。不良で怖がられてはいるが、ドラムが得意で本当は心優しい千太郎とクラシックピアノを弾く賢三がジャズセッションを通し、仲良くなる。3人で海水浴に行った時、美しい女性、深堀百合香(真野恵里菜)が不良たちに絡まれているところを千太郎が助け、恋をする。ところが、百合香は千太郎が兄と慕う桂木淳一(ディーン・フジオカ)の恋人だった。千太郎に思いを寄せる律子は複雑な気持ちで、百合香の真意を知るとともに律子が好きな薫は途方に暮れる。学園紛争に挫折して故郷に帰ってきた淳一は、再び一人で東京に帰ろうとするが、百合香がついていくと言ってきかない。2人が帰るところに出会った千太郎は衝撃を受けるとともに、2人の関係を知りながら教えなかった薫に激怒し、絶交状態に。
 文化祭でロックバンドに誘われ、ドラムを演奏することになる千太郎に、律子は薫とのジャズセッションもするべきだと勧めるが、千太郎は首を縦に振らない。ロックバンドの演奏中に突然停電し、演奏が不可能になり、場つなぎのため、薫がピアノの演奏を始めると千太郎もドラムをたたき始める。セッションは万雷の拍手を浴び、大成功。教会でのクリスマスコンサートまで開催することになり、律子もセッションでボーカルを担当することに。当日、千太郎のバイクの後ろに律子が乗り薫を迎えにいく途中、律子が薫への思いを千太郎に打ち明けようとしたところで、車と衝突し律子は一時意識不明に陥る。薫と千太郎は律子の父(中村梅雀)と病室の外で待っていた。律子の意識が戻ると、薫と律子の父は病室に飛び込んだが、千太郎は姿を消していた。医師となった薫は10年後、結婚した淳一と百合香の2人に遭遇した。千太郎の消息が分かる写真を見せられた薫は、母校の高校教師となった律子のもとを訪れ、一緒に千太郎が神父となった教会へ向かう。

 

小松菜奈の存在感キラリ
 千太郎は子どもたちに、ドラム演奏を披露していた。そこに訪れた2人に、結婚の立ち合いをしてやろうかという。薫はオルガンで、千太郎のドラムとセッション。薫は「一番大切なものは」と問われ、「今この時」と答える。律子が自分の本当の気持ちを伝えようとする寸前で終幕を迎える。重要なシーンを「モーニン」や「マイ・フェイバリット・シングズ」などのジャズの名曲が彩る。薫が転校してきた時と千太郎に会いに行く際、律子を迎えに母校の坂道を上るのに「いまいましい坂だ」ともらすのが「青春のほろ苦さ」を表しているような気がする。全編を通して、小松菜奈の存在感がキラリ輝いており、お見事の一語。ただ、個人的には、バイクの事故でクリスマスコンサートが中止になり、小松のヴォーカルが聞けなかったのは残念。小松の次回作「恋は雨上がりのように」(共演・大泉洋、5月25日公開)にも期待したい。【小中真樹雄】
「恋は雨上がりのように」のチラシ
【写真説明】上=「坂道のアポロン」のチラシ(東宝) 下=「恋は雨上がりのように」のチラシ(東宝)


「時代の語り部」面目示す

ハマショウCD1
2月14日、広島(府中町)のバルト11で浜田省吾のコンセプチュアル・映像「旅するソングライター」を見ました。東京の友人からメールで「9日から2週間限定で、全国の映画館でハマショウの映画をやっている。山口県は防府だけなので、広島の2つの映画館のどちらかに行けば」との情報提供がありました。ネットで調べると、広島県ではバルト11とTOHOシネマズ緑井だけで上映していることがわかりました。緑井はちょっと不便なため、JR山陽線で広島駅から一駅先の天神川で降りればいい、バルト11に行くことにしました。当日はほかに予定があったのですが、18日の日曜は混みそうなので急きょ鑑賞を決めました。
午前11時半と午後6時半の2回上映のため、午前を選びました。上映1時間前についたため、比較的いい席が取れました。観客は約6分の入りといったところでしょうか。年代は30代以上、70代の年配の人やカップルで鑑賞にきた人もいたようです。内容は、2015年のフェスティバルホール(大阪)と2016年のさいたまスーパーアリーナでのコンサートの模様と曲の世界を増幅する映像を組み合わせた見ごたえのあるものとなっています。CD「旅するソングライター」に収録の「光の糸」から始まり、ライブでの観客の熱気、ハマショウの世界観を表す独自映像の数々を約2時間心ゆくまで楽しむことができました。

ライブの熱気スクリーンに
   戦後70年に出した「旅するソングライター」をはじめ、「DreamCatcher」、 「J.BOY」「ON THE ROAD」からの曲などが演奏されました。なかでも感動ものは、「I am a Father」の演奏に肩車されたり父親と手をつなぎ拳でエールを送る子どもたちの姿。約3万人を収容するさいたまスーパーアリーナ満員の地響きが聞こえてきそうな熱気に鳥肌が立ちました。男女の恋愛を描くだけでなく、戦火や地球が荒廃していくことへの「抗議」のメッセージを音楽を通し伝えるハマショウは中島みゆきとは違った意味での「時代の語り部」と言えるでしょうし、同時代を生きることができたことを同じ広島県人として誇りにさえ思えます。演奏に関して言えば、バックコーラスの女性も素晴らしかった。キ-ボードの2人は1人は淡々と、もう一人は体じゅうのアクションを交え表現、トランペッターやドラマーも大熱演でした。入場料2500円が安すぎると思えるぐらい充実した時間を過ごすことができました。今度、広島でライブがあるときには必ずイクゾ!【小中真樹雄】
ハマショウCD2

【写真説明】上=左から「Journey of a Songwriter」、「Dream Catcher」のCD 下=左から「J.BOY」、「ON THE ROAD」のCD(上の2枚はSONY Music Labels Inc.下の2枚はCBSソニー)



土屋太鳳の迫真の演技に注目

 

「8年越しの花嫁」チラシ

  12月23日、109シネマズ広島に映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(松竹)を見に行きました。岡山県在住の中原尚志さん、麻衣さん夫婦の実話をもとにした作品です。婚約をして結婚式を控えていた2006年末、麻衣(土屋太鳳)が突然、原因不明の難病にかかり長い間昏睡状態に陥りました。尚志(佐藤健)は毎朝、出勤前に病院を訪れ、麻衣の意識が戻るのを待ち続けました。麻衣の両親(父・杉本哲太、母・薬師丸ひろ子)が「もう麻衣のことは忘れて、苦しむのは私たちだけでいいから」と諭してもあきらめませんでした。そのかいあってか、麻衣は意識を取り戻しますが、中村についての記憶が戻りませんでした。
2人が婚約を交わした思い出の場所にいっても、その時のことを思い出せず、尚志さんは「自分の存在が負担になっているのでは」と考え、麻衣さんに別れを切り出し実行しました。2人が別れてしばらくして、麻衣が結婚式場を通りかかった時、ウエディングプランナーの女性(中村ゆり)が麻衣に2人が
自然と涙がほおを伝う

挙式予定だった3月11日の予約をキャンセルせず、毎年その日に予約をし直し続けたことを打ち明けます。麻衣はこれまで尚志が携帯に送り続けてくれた動画を見直し、尚志に会いに行きます。そして2人はこれからもずっと一緒に生きていくことを誓い合い2014年12月21日に結婚式を上げました。
全編を通し、土屋太鳳の演技力が光ってました。昏睡状態の時や意識が回復してからの車いすでの生活の表現が真に迫ってドッキとしました。薬師丸ひろ子のおかあさんぶりも良かったですが、このストーリーのキーパーソンともいえる中村ゆりの演技も「すばらしい」の一言。映画をみていて自然に涙がほおを伝うという久しぶりの経験をさせてもらいました。女性やカップルの客が多かったのですが、オジサンにもぜひ見てもらいたい映画です。
【小中真樹雄】

 

【写真説明】映画「8年越しの花嫁」(松竹)のチラシ


<
「でも、聞いてみたかったなあ」

辻井伸行チラシ 辻井伸行チラシ
  日本を代表するピアニストの一人、辻井伸行さんのリサイタルが来年2月25日、シンフォニア岩国コンサートホール(1200人収容)で開かれますが、発売日の11月24日に即日完売しました。辻井さんのCDデビュー10周年を記念したツアーの一環、中国地方では、ほかに広島県福山市のリンデンローズで開催されるだけですが、そのプラチナペーパーぶりには驚嘆を禁じえません。
  辻井さんは1997年、7歳の時全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部で第1位受賞し、翌年、大坂センチュリー交響楽団と共演し鮮烈なデビューを果たしました。2007年に発売されたデビューアルバム「debut」は28万枚という驚異的な売り上げで、クラシック歴代CDでもっとも売れたものの一つで、現在もベストセラーを続けています。
来年2月25日公演

  2009年には、第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初優勝しました。以来、世界中を飛び回り活躍を続けています。公演では、ショパンの「英雄ポロネーズ」のほか、ドビュッシーの「月の光」のほか、サティの「3つのジムノペディ」など意欲的プログラムが組まれています。まさか、1日で売り切れとは思いもしなかったのでチケットを買うことはできませんでしたが、シンフォニア岩国によると、以前にも辻井さんの演奏会が開かれたそうなので、今後に期待するとしましょう。ちなみに今回の場合、シンフォニア友の会に入るとS席、A席は500円引きのほか、一般より1週間前にチケットを購入できる特典があります。「でも聞いてみたかったなあ」。 
【小中真樹雄】

【写真説明】辻井伸行リサイタルのチラシ


熟年男女の熱狂ぶりに驚嘆

ジャクソン・ブラウン

旧聞に属しますが、10月24日、広島文化学園HBGホールであったジャクソン・ブラウンのコンサートに行きました。アメリカを代表するシンガー・ソングライターらしいのですが、個人的にはよく知りません。それでもかけつけたのは、毎日新聞時代の畏友が、チケットを事前に取り、誘われたからです。久しぶりに東京からやってくるというので、コンサート後の飲み会を楽しみにして出かけました。
JR広島駅で待ち合わせをし、市内電車で国泰寺町に向かいホテルにチェックイン。開演が午後7時半なので、近くの母校、広島国泰寺高校や平和記念資料館などをめぐり時間をつぶしました。肝心のコンサートについては、多くを語ることはできませんが、熟年の男性や女性が多数訪れ、立ち上がり拍手をしながら熱狂している姿には「すごいな」と思いました。友人は東京の3公演のみならず、前日には大阪公演にも行ってきたとのことで、圧倒される思いでした。何せ、ローリング・ストーンズやポールマッカートニーをヨーロッパまで聞きに行く趣味人だから当然かも。「これがテイク・イット・イージーだ」とか、「ここで立ち上がって手拍子を送るのだ」とか、友人の指示に従いながらコンサートを楽しみましたが、S席1万1000円の出費は痛い。「ハマショウ(浜田省吾)なら惜しくないんだが」と思いましたが、遠方から来た友との再会の必要経費と考えることにしました。ただ公演中、携帯で写真を撮るファンのマナーの悪さには、「いかがなものか」と残念に思いましたが。 公演後、お好み村で盃を酌み交わし、これまでの思い出を語り合いました。来年、定年を迎える友に「今度は東京で会えたらいいな」と再会を約束しました。翌日、ホテルの朝食をともにし、「中電前」の電停で仕事で東京に戻る友人と別れました。

 

やっぱりガッキーは可愛い

そのあと、帰りにJR新井口駅で降り、「109シネマズ広島」で映画「ミックス。」を見ました。60歳を超えシルバーとなると、1100円で鑑賞できるのがうれしい。映画館が遠いこともあり、多くの映画はTUTAYAでDVDを借りて済ますのですが、ガッキー(新垣結衣)の映画だけは映画館で見たいと思います。ガッキーと瑛太のダブル主演で卓球の混合ダブルスを通し描く人情ドラマなのだが、ガッキーの演技力が半端なく可愛い。ほかに広末涼子、永野芽郁、蒼井優、田中美佐子といった豪華キャストの出演で約2時間がアッという間に過ぎていきました。遠方より来た友と再会を喜びあったあとに、ガッキーの映画が見られて最高の気分に浸りました。(byマッキー)
ミックス。
【写真説明】上=ジャクソン・ブラウンのコンサートのチラシ 下=映画「ミックス。」のチラシ


 

先日、7月に室の木町4丁目→室の木町2丁目に引っ越しました。
辛うじて4丁目の家から2丁目の家が見えるところです。
市役所に移転手続きに行ったのですが1時間半も掛り、郵便局でも30分合計2時間も掛かりました。やれやれ、ちょうど暑い時期だったのでくたびれました。引越してから片付けに追われたのですが、もう一つやっかいな物(人かな~)がありました。
それは家の猫のブルの事でした。3週間、穴があいていたらかくれ、ご飯も食べなかったのでした。

 

ネットによると、 「引越しのストレスはかなりあると思いますが、ある程度軽減させることは可能かと思います。なるべくストレスをかけない引越しをしてあげましょう。」

そういえば引越しの時に朝8時~17時過ぎまで友達がゲージにいれていました。そのせいかやはりストレスでしょうか??
今では一日ゴロゴロ、
よく食べよく寝るブルでした。

ฅ(๑’Δ’๑)ニャァァァン

 


   
今頃、9月の終わりに入ったころ彼岸花を見る事が良くあります。
彼岸花は曼珠沙華(まんじゅしゃげ))ともいいますが、
開花時期は9月の中頃から9月の終わりごろにかけてです。 うちの家の近所に竹を20本ぐらい植えている家があり、そこに彼岸花の赤と白が植えてあります。 赤はまだ枯れていませんが、白色は9月27日時点ではもう枯れかかっていました。やはり赤がもちがいいが良いかもよ!

 


これは何処から何処を見たでしょうか???
岩国市立石の2号線から見たい岩国駅です。。
7月に撮った写真だからとても暑かった一日でした。
(By:ため吉) 

 



この一冊

明治期の岩国出身の偉人描く

  来年の明治維新150年にむけ、山口県は幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンをスタートさせました。それにちなんで、岩国高~早稲田大をへて県立高で長らく日本史の教鞭をとり、近年は子どもたちを励ますため、岩国市ゆかりの人物の言葉を刻んだ「立志の碑」の建立運動を続ける佐古利南(さこ・としなみ)さんの著した「近代日本の礎を築いた七人の男たち~岩国セブン・ファーザーズ物語」を紹介します。致知出版社刊(本体価格1200円+税)。
  一昨年、佐古さんは市民大学講座での講演を依頼され、近代日本の礎を築いた岩国出身の7人を取り上げたところ、「ぜひ本にしてほしい」との要望があり1冊にまとめたと言っています。いずれも、フロンティアスピリットにあふれ、国民の利益のために生涯をささげた人ばかりで「明治の先人の高い志や彼らを生んだ教育土壌の再評価をしてもらえれば」と説明するとともに、若者に「先人に続こう」との気概を持ってほしいと励ましています。

近代日本の礎を築いた七人の男たち

  7人は初代大審院長(現在の最高裁判所長官)で不平等条約改正のため司法制度や法律の近代化に取り組み、拷問廃止を提言するなど「明治の大岡越前」と評された玉乃世履(たまの・せいり、1825~86)▽独学独習で解剖学を修め人体解剖模型の製作や「実用解剖学」を著して解剖学のパイオニアと称せられた今田束(いまだ・つかぬ、1850~89)▽日露戦争時、命中精度の高い三十年式歩兵銃を3カ月で設計、旅順攻防戦では28サンチ榴弾砲の使用を提言するなどして勝利に導き「小銃製作の父」といわれた有坂成章(ありさか・なりあきら、1852~1915)▽東芝創立者の一人で、白熱電球の国産化や発電機、発電所を作り「日本のエジソン」とたたえられた藤岡市助(ふじおか・いちすけ、1857~1918)▽「図書館は国民の大学です」として国立図書館の必要性を訴え、帝国図書館(現在の国立国会図書館)の初代館長を務め「図書館の父」と称せられた田中稲城(たなか・いなぎ、1856~1925)▽三省堂でウエブスター英語辞典の翻訳・編集をはじめ、各種辞書づくりに従事、「日本大百科辞典」を完成させ「近代辞典製作の祖(おや)」とたたえられた斎藤精輔(さいとう・せいすけ、1868~1937)▽南米を探検して日本人の南米移民の道を開き「ペルー移民の父」と言われた田中貞吉(たなか・ていきち、1857~1904)。
  佐古さんは多くの資料にあたり七人の業績に光を当てています。6万石の小藩からこれだけの逸材を輩出したことについて、藩校「養老館」や岩国英国語学所などの教育に加え、錦帯橋の存在が大きいと推論しています。この橋の美しい立ち姿が若き藩士たちの知的好奇心を刺激して向学心を高め、また見事な風光美が彼らの豊かな情感を養ったのでは、と主張しています。著者の近代の礎を作った7人の岩国人を誇りに思う気持ちとふるさとへの深い愛情のこもった一冊です。(byマッキー)

この一枚 この一枚
【写真説明】上=市民大学講座の講演を1冊にまとめた「近代日本の礎を築いた七人の男たち」  下左=藤岡市助を説明したページ 同右=田中稲城を説明したページ


ドボルザーク交響曲第9番「新世界より」

 

秋の夜長、読書に最適ですが、音楽をじっくり聴くのもいいのものです。
 そこで、格好の1枚を紹介したいと思います。チェコの作曲家アントニン・ドボルザーク(1841~1904)の交響曲第9番「新世界より」。ニューヨークの音楽院院長に招かれたドボルザークが望郷の念からアメリカの黒人の民俗音楽と故国ボヘミアの民謡を結合して書いた曲です。第2楽章は「遠き山に日は落ちて」と歌われる「家路」としても有名で、中学時代にキャンプファイヤーで合唱したものです。
 演奏はハンガリーの指揮者、イシュトバン・ケルテス(1929~1973)が、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団を指揮したものをおすすめします。私がクラシックに目覚めてから2枚目に買ったレコードで、今も愛着があるうえ、故・宇野功芳さんら音楽評論家からも高く評価されています。「新世界」というと、なにかと民族音楽の面が強調され、チェコの指揮者やオーケストラのものがよいとされがちですが、ブラームスやモーツァルトなどでケルテスと相性のいい、ウィーンフィルの演奏は純音楽的にも優れたものとなっています。
まあ、当時ビギナーだった私は、ウィーンフィルかカラヤンのベルリンフィルぐらいしか知らず、レコードジャケットの「自由の女神像」が気に入ったので購入したにすぎませんでしたが、40年近く愛聴しても飽きのこない1枚です。(byマッキー)
この1枚
【写真】イシュトバン・ケルテス指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の「新世界より」のレコード(左)とCD


2年前から主治医から、
「クレアチニンが高すぎるから透析になる。シャントを作らないといけない」と言われていました。ですが、一つも痛くも痒くもないのでほっときました。
それが、平成29年1月の受診で主治医の先生が、
「クレアチニンが11も上がっている岩国医療センターに紹介状書くから…」といわれました。
(参考基準値は0.65~1.09mg/dl)
※クレアチンとは
クレアチニンは、体に不要なものの一つで、筋肉を動かすためのエネルギーを使うと発生します。血液に含まれるクレアチニンは、腎臓でろ過されて、尿として排出されます。クレアチニンは尿以外では体の外に排出されません。
そのため、血液中のクレアチニン値が高い場合は、腎臓の働きが悪くなり、尿が作れなくなっているかもしれません。
2月3日に岩国医療センターの心臓血管外科の医師に行きました。
そして2月12日入院で13日にシャントの手術することにきまりました。
  (岩国医療センターから見た南岩国の風景)
※シャントとは
静脈を動脈に縫い合わせてつなぐことにより、動脈血を直接静脈に流すことをいいます。
腎機能の低下により体に老廃物が蓄積されるようになり、それらを取り除くために透析が必要となります。十分な透析を行うためには1分間に約 150~ 200ml の血液を循環させなければなりません。
しかし本来ある静脈には、透析を行えるだけの十分な血液量がありません。
シャントを作ることによって、静脈に十分な血液が流れ、その静脈に穿刺し血液透析が行われます。シャントは血液透析をするためになくてはならない大切なものです。
  これが医療センターの医師が書かれたマーキングです。
縦のマーキングが切開のところです。
2月13日手術ですが、14:00だったのですが緊急手術が入って18:20から1時間30分掛りました。
夕食は21:00でした。
2月16日に退院と決まっていましたが、今度は自分の足が立たなくなりトイレに看護婦さん2人に抱えてもらい車いすでトイレに行こうとしたのですが、出るものが出なくなり16日の血液検査でクレアチニンか21に上がっていました。
それでまだシャントも2週間はいらわれないのでこんどは自分が緊急手術になり首からの透析になりました
  首の静脈からカテーテルを差し込み
透析になりました。
16日10:00からカテーテルの緊急手術かあり、
透析は 13:30~5階のICUで4時間掛りました。
18:00には病室に戻りました。
2月18日にも透析に入りました。
5階のICUに行くときは自分の足で歩いて行きました。透析が終わった後血液検査をした所クレアチニンは11に下がっていました。
   
食事は透析患者が食べる味覚薄めな塩分6%の食事でした。
  2月20日に岩国医療センターを退院しました。
その足で自分の主治医でもある、そだクリニックに行きこれからのことをお話しました。
週3回 火・木・土曜日午前中に透析を受けることにしました。
2月21日クレアチニンは4,62でした。
2月28日には首からのカテーテルも取り
シャントからの透析になり、仕事も復帰しました。
今回の自分の不注意というか、2年間もの間ほっといたことで多くの方々にご迷惑をお掛けしたことほんとうにすみませんでした。この場においてあやまります。今一日食事は、2,600カロリー約870カロリー/3食を取り水分も1,500㏄を取ってくれと主治医に言われました。しかし塩分は控えめの6グラム/1食です。
                               (By:ため吉)


8:49の桜ヶ丘経由の岩国駅行きのバスに乗っていた所
山手サンランドを過ぎた時のお客に声をかけられ
「これをあげよう」と草鞋をくださいました。
そういえば、何日か前に80歳代のおばちゃんに声をかけられて、
貰う約束をしたらしいのです。
良く出来ている草履です。感謝 感謝 ((“(人ω・)どもども(・ω人)”))