Archive for the '取材記事' Category

6月

24

岩国徴古館で「錦帯橋展」

岩国市横山2の岩国徴古館で古文書や絵図、写真など41点の資料で歴史をたどる企画展「錦帯橋展」が開かれています。7月9日まで(月曜休館)、入館無料。錦帯橋は延宝元(1673)年、城下町である横山と錦見をつなぐ橋として3代目藩主、吉川広嘉の時代に完成しました。翌年、流失しましたが、すぐ再建され、昭和25(1950)年まで一度も流されることはありませんでした。その錦帯橋の歴史を、創建のヒントとなった「西湖遊覧志」や宝暦10(1760)年第4橋架け替え工事について大工の長谷川十右衛門が作成した「錦帯橋 横山地反橋之図」などをもとに説明しています。また明治~昭和期の写真も展示、昭和25年9月のキジア台風で流失する瞬間をとらえた写真も並べられています。

歴史に焦点あてる41点

さらに、パネルで「西湖遊覧志」を紹介し、広嘉の診療にあたった中国僧、独立性易(どくりゅうしょうえき)や設計者、児玉九郎右衛門、創建に貢献した小河田信也、真田正臣らの家臣も詳しく紹介しています。大正8(1919)年~昭和25年に一時付けられた擬宝珠(ぎぼし)も見ることができます。同館の兼田和弥学芸員は「錦帯橋は岩国のシンボル的存在です。市民に広くその歴史を理解してもらえたら」と来場を呼び掛けています。【小中真樹雄】

錦帯橋展 錦帯橋展
【写真説明】左は錦帯橋創建のヒントとなった「西湖遊覧志」、右は展示された資料を見る来場者


岩国写生大会の入賞作展示

第102回岩国写生大会(岩国・和木造形教育研究会主催、岩国市教委、和木町教委共催)の入賞作107点が決まり、岩国市と和木町で展示されました。大会は5月21日、吉香公園周辺で開かれました。園児から中学3年生までが567点を出品。4つ切り画用紙に題材は自由でしたが、クレヨンや水彩絵の具で錦帯橋や岩国城を中心にふるさとへの熱い思いを画用紙に表現しました。

園児から中3が故郷描く

岩国では5月7~13日、岩国市役所で、和木では5月15~18日、和木美術館アートウイングで展示。会場にずらり並んだ力作に訪れた人たちは「上手だね」とか、「お友達が賞をもらっているよ、すごいね」などとこどもに語りかけながら熱心に鑑賞していました。【小中真樹雄】

岩国写生大会 岩国写生大会
岩国写生大会 岩国写生大会


岩国環境フェスタ2017

地球温暖化対策推進や水道週間(6月1~7日)、環境月間にちなみ「岩国環境フェスタ2017」が3日、岩国市役所1階多目的ホールでありました。会場には14のブースが設けられ、親子連れなど多くの人でにぎわいました。そのうち12のブースでは、それぞれクイズが出題され、12問中10問に正解した人には、ゴーヤーの苗などがプレゼントされました。ミクロ生物館のブースでは、フジツボのあかちゃん(キプリス)など海のミクロ生物を顕微鏡で観察するコーナーで子どもたちが熱心に顕微鏡をのぞいていました。
地球温暖化防止を考える会のブースでは、白熱電球、蛍光灯、LED電球の省エネ比較実験があり、小型発電機を手で回してみてどの電球が一番楽につくかを実体験した。一番楽につくLEDが最も省エネ効果が高く、蛍光灯、白熱電球と続いた。

楽しみながら環境学ぶ

また同じ明るさで1日6時間電球をつけた場合、ひと月の電気代は、白熱電球(56W)が約980円、蛍光灯約240円、LED電球が約120円とわかりやすくLED電球の優位性を説明していました。このほか、企業による取り組みも紹介され、三井化学「ふしぎ探検隊」の高吸水性ポリマーによる芳香剤づくり、東洋紡岩国事業所の環境関連製品の紹介、古紙リサイクルに取り組む光井興産は、紙すきを実演した。屋外では、エコカーや給水車の展示、ヨーヨー釣りなどもあり、来場者は楽しみながら環境保全の大切さを学んでいました。 【小中真樹雄】

岩国環境フェスタ 岩国環境フェスタ

岩国環境フェスタ岩国環境フェスタ



 

バードカービング展が開催中

バードカービング バードカービング
第21回バードカービング展が岩国市麻里布町の岩国市科学センターの1階展示室で開かれています21日までの9:00~17:00(21日は12:00まで)、月曜日は休館。科学センターが毎年、愛鳥週間(10~16日)にちなみ開催する名物企画。
岩国バードカービング研究会(藤井勝美会長)の会員5人の力作75点が展示されている。バードカービングは木片を鳥の形に彫り、本物そっくりな彫刻を作るもの。出品作は朴(ほお)の木や桐、楠などを使い、バンドソーで大まかにカットして細かい羽根の線はバーニングペンを使って制作する。図鑑や写真をみながら精細に仕上げた力作がそろっている。

身近な鳥知る立体図鑑

弘中毅さんの新作「オジロワシ」やハヤブサ(若鳥)のほか、藤井会長の「野鳥の楽園」などの作品が注目を集めている。科学センターでは、「身近な鳥を知るための立体図鑑ともいえるもので、自然に親しむきっかけにしてほしい」と来場をPRしています。
岩国バードカービング研究会では、第2、第4土曜日の午後1時から2時間程度の活動を行っており、「一緒にバードカービングを作ってみませんか」と呼び掛けています。問い合わせは科学センター(0827)22-0122。【小中真樹雄】

バードカービング バードカービング